2012年 04月 24日
のびのび号 ミツトヨの偉大なる「みちくさ」
先にも述べたように、ミツトヨは世界的な計測機器メーカーである。
ただ、過去には意外な「みちくさ」もしていた。
その一例が、下の写真。
驚いたことに、なんと自転車やアーチェリーなどを作っていた時期があったのである。
c0110096_10402147.jpg

それでは実物を見てみることにしよう。

なにを隠そう、今回わざわざ川崎まで出向いたのは、この「のびのび号」の実物を見たかったからに他ならない。
幻の自転車「のびのび号」。
展示されているのはピンクだが、他に水色も生産されていた。

あ、そうそう、M氏によれば、この自転車目的で見学に来たのは私が初めてとのこと。
さぞかし変わり者だと思われたことだろう(笑)
c0110096_10455613.jpg

たった3年間しか作られてなかったこの自転車は、社内アイデアコンペで生まれたとのこと。
とすると、現存するのは何台なのだろうか。
そう考えると、いかに幻の自転車であるかは自明であろう。
c0110096_1055309.jpg

次回は各部をクローズアップして見てみたい。
[PR]

by hochamt | 2012-04-24 20:35 | のびのび号 | Comments(2)
Commented by 田中 at 2014-09-05 23:31 x
はじめまして!
この自転車は15年ほど前に近所のおじいさんから美品を無料で頂きました。 (水色でした)
1ヶ月後位に馬鹿だった僕は何だかいらなくなり 近くの公園へ放置自転車をし 処分しました。

価値を知ったのは10年後です。

あ~あのときのなんともいえない乗り心地は切ないです。
P.S ミツトヨのノビ-号は大阪城近くのビチテル・ミニ自転車屋のオーナーが持っていますよ
店内に展示しています。
Commented by hochamt at 2014-09-07 18:31
田中さん

コメントありがとうございます。
それは惜しいことをしましたね。
おじいさんがどういった経緯で手に入れられたのか、非常に気になるところです(笑)
テルミニさんにあるのは確かピンクでしたね。
私はブルーを持ってますので、できればピンクも入手したいです(笑)


<< のびのび号      ミツトヨ博物館 >>