2012年 11月 12日
シートピラー エンドキャップの取り付け
まず試しにキャップをはめ込んでみる。
すると、シートピラーの内径に対してキャップの外径にはかなり余裕を持たせてあることがわかる。
c0110096_15262766.jpg

このまま装着しても出来なくはないが・・・
あらかじめ適度にネジを締めこんでおいた方が、脱落しにくいので効率的だろう。
c0110096_15301794.jpg

何度か確認して脱落しない程度に膨らませたら、いよいよピラーにはめ込む。
あとは本締めしていく訳だが、ここは過度に締め付けてはいけない。
相手は金属とゴムなので、締めようと思えば必要以上に締まってしまうからだ。
少し強めに引っ張って、抜けないレベルでOKと思う。
(自転車を横倒しの状態にしておいた方が早く作業できる)

作業自体はこれで終了。
六角レンチさえあれば、誰でも簡単に出来てしまうだろう。
c0110096_15383373.jpg

次はピラーを最下部まで下ろし、ストッパーとしての効果を確認しておく。
自転車を少し持ち上げ気味で、キャップが完全に着地する格好での確認だ。
結果は上々。(最大で車体を1cm程度浮かせることができた)
もちろん接地させる面の状態にもよるだろうが、ほとんど不安のないレベルで安定している。

傷の防止、(転がり防止の)ストッパーという二役を見事にこなすエンドキャップ。
出来ればオプションではなく、標準装備にするべきではないだろうか。

ともかく、ブロンプトンオーナーには必須の一押しアイテムだ。
まだ装着されてない方は、是非!
c0110096_15512971.jpg

[PR]

by hochamt | 2012-11-12 17:23 | brompton | Comments(2)
Commented by Fmbelbalding at 2012-11-12 22:25
なるほど、これは便利なものですね。
うちのmercにも着いていなかったので検討してみます
Commented by hochamt at 2012-11-12 22:56
Fmbelbaldingさん

mercはブロンプトンとほぼ同じ構造ですから、おそらく同じ手が通用するでしょうね。
完成したら、ぜひupしてくださいね!


<< 公孫樹      シートピラー エンドキャップ >>