2015年 05月 14日
デザイン司南
モノ創りに携わる人達は言うに及ばず、誰が読んでも染みこんでくるであろう言葉のシャワー。
猛烈な勢いで、脳に直接飛び込んでくる。
えもいわれぬほどに痛快で、明快なサムシングに膝を叩くことしきり。
それもそのはず、この本の作者は、我が師匠の師匠である林英次氏その人なのだ。
さらに、列強の名士たち(もちろん師匠も)の寄稿も充分に読みごたえがある。

先ごろ師匠から頂いたものだが、非常に残念なことがある。
なんと刊行されたのは、わずか1000部のみ。
どんなに手を尽くしたとしても、もはや手に入れることはできないだろう。

c0110096_17502557.jpg

[PR]

by hochamt | 2015-05-14 18:26 | Tagebuch | Comments(0)


<< いつものトリオポタ 奈良      花の風景 薔薇 >>