カテゴリ:brompton( 53 )

2015年 05月 17日
いつものトリオポタ 奈良
今日はシゲさん、ボクチンさんと3人で、奈良を走った。
奈良市某所→法隆寺→奈良町→奈良公園→スーパー銭湯、というコースだ。
天気も良いし、最高のポタリング日和。
3人で走るのは本当に久しぶりで、楽しい時間はあっという間に過ぎていった。
次は京都あたりを走ってみたい。

c0110096_21245091.jpg


c0110096_21254122.jpg

[PR]

by hochamt | 2015-05-17 21:25 | brompton | Comments(0)
2015年 04月 29日
brompton キャリアブロック
いまのところ使うあては無いが、ひとまず付けておくことにした。

c0110096_20413629.jpg


取り付け自体はものの数分。

c0110096_20442720.jpg


早くここに付くバッグが欲しい・・・

c0110096_2046976.jpg

[PR]

by hochamt | 2015-04-29 20:46 | brompton | Comments(0)
2015年 04月 09日
花の風景 桜 醒ヶ井宿
もう、とおにお昼は過ぎ、陽が傾きかけている。
少し二の足を踏んだが、思いきって出かけてみることにした。
近所の桜は散っているのに、醒ヶ井では最盛期をむかえていた。

c0110096_23215276.jpg

[PR]

by hochamt | 2015-04-09 23:21 | brompton | Comments(0)
2015年 02月 21日
走り初め
久しぶりに汗をかいて、心地よかった。

c0110096_17133291.jpg

[PR]

by hochamt | 2015-02-21 17:14 | brompton | Comments(2)
2014年 11月 23日
公孫樹の絨毯
今日は汗ばむような陽気で、絶好の行楽日和だった。
紅葉はどれも美しいが、とりわけ好きなのは公孫樹である。
色あいと形がとてもいい。

c0110096_1956558.jpg

[PR]

by hochamt | 2014-11-23 20:00 | brompton | Comments(0)
2014年 10月 15日
ポタリング
だんだん肌寒くなってきたが、走っていると少し汗ばむ。
自転車には絶好のシーズン。
週末には久しぶりに走りに行く予定だ。
c0110096_18263450.jpg

[PR]

by hochamt | 2014-10-15 18:27 | brompton | Comments(0)
2014年 01月 13日
琵琶湖へ
灼熱の砂漠、照りつける太陽、常夏のジャングル・・・
切実なぐらい寒いと、そんなイメージも蜃気楼のように心もとない。
今日の琵琶湖は、尋常ならざる寒さだった。
c0110096_202158100.jpg

[PR]

by hochamt | 2014-01-13 20:22 | brompton | Comments(0)
2013年 02月 21日
花の風景 菜の花
c0110096_18194935.jpg

[PR]

by hochamt | 2013-02-21 18:22 | brompton | Comments(2)
2012年 12月 03日
公孫樹
c0110096_17584266.jpg

[PR]

by hochamt | 2012-12-03 20:04 | brompton | Comments(0)
2012年 11月 12日
シートピラー エンドキャップの取り付け
まず試しにキャップをはめ込んでみる。
すると、シートピラーの内径に対してキャップの外径にはかなり余裕を持たせてあることがわかる。
c0110096_15262766.jpg

このまま装着しても出来なくはないが・・・
あらかじめ適度にネジを締めこんでおいた方が、脱落しにくいので効率的だろう。
c0110096_15301794.jpg

何度か確認して脱落しない程度に膨らませたら、いよいよピラーにはめ込む。
あとは本締めしていく訳だが、ここは過度に締め付けてはいけない。
相手は金属とゴムなので、締めようと思えば必要以上に締まってしまうからだ。
少し強めに引っ張って、抜けないレベルでOKと思う。
(自転車を横倒しの状態にしておいた方が早く作業できる)

作業自体はこれで終了。
六角レンチさえあれば、誰でも簡単に出来てしまうだろう。
c0110096_15383373.jpg

次はピラーを最下部まで下ろし、ストッパーとしての効果を確認しておく。
自転車を少し持ち上げ気味で、キャップが完全に着地する格好での確認だ。
結果は上々。(最大で車体を1cm程度浮かせることができた)
もちろん接地させる面の状態にもよるだろうが、ほとんど不安のないレベルで安定している。

傷の防止、(転がり防止の)ストッパーという二役を見事にこなすエンドキャップ。
出来ればオプションではなく、標準装備にするべきではないだろうか。

ともかく、ブロンプトンオーナーには必須の一押しアイテムだ。
まだ装着されてない方は、是非!
c0110096_15512971.jpg

[PR]

by hochamt | 2012-11-12 17:23 | brompton | Comments(2)