2011年 05月 02日
臥龍桜
カブ号で出掛けたのは飛騨高山。
目指すは樹齢1100年という臥龍桜だ。
平野部ではほとんど終わってしまった桜だが、北へ上ればまだまだ見頃だった。
c0110096_22395579.jpg


More
[PR]

# by hochamt | 2011-05-02 22:41 | Reise | Comments(2)
2011年 05月 01日
コンビニフックはヘルメットホルダーにもなる
このところ妙な天気が続いているが、どうやら明日は晴れるらしい。
いよいよモールトンで走りに行きたいところだが、ここはぐっと我慢しよう。
今が見頃の桜があるとの情報を得たからだ。
品種は薄墨桜と同じエドヒガンザクラ。
行くか否か?それは寝起きの気分しだいではあるけれど・・・
c0110096_17123646.jpg

[PR]

# by hochamt | 2011-05-01 17:12 | Super Cub 90 | Comments(0)
2011年 04月 30日
Moulton deluxe
せっかくの休みだというのに、生憎の空模様。
時々雨もぱらついてくる。
今日はモールトンでポタの予定だったが、止めておいた方がよさそうだ。
予報では明日も雨らしいが・・・
こんな時は仕方がない。ぴかぴかに磨き上げてやろう。
こうやって磨きながら、各部の造作をくまなく観察してみる。
そうすれば、なにか発見があるだろう。これも自転車の楽しみ方のひとつだ。
c0110096_115735100.jpg

[PR]

# by hochamt | 2011-04-30 11:57 | Moulton | Comments(8)
2011年 04月 24日
眩暈
うんん・・・目が・・
c0110096_20114581.jpg


More
[PR]

# by hochamt | 2011-04-24 20:12 | Moulton | Comments(8)
2011年 04月 23日
山信
場所は神戸市灘区大石南町。
神戸で一番旨いといわれる、うなぎ専門店『山信』。
前から一度は食べてみたかったという願いが、今日叶った。
注文したのは、一番高い1000円の丼。ちょっと安すぎるのではないだろうか。
関西らしく薄味だが、味は上質で不足はない。家庭的なやさしさも感じられる。
個性が立ちすぎてないため、毎週でも通いたくなる味だ。
また、気軽に立ち寄れてしまうお店の雰囲気が好ましい。おばちゃんの笑顔もね。
こんなお店が近くにあったらなと、神戸の人を羨ましく思った。
c0110096_17164328.jpg

[PR]

# by hochamt | 2011-04-23 20:32 | Essen | Comments(2)
2011年 04月 19日
雨時々晴れ時々曇り
朝起きて「雨かぁ・・・」と思ったら、急に晴れてきたり。
「おっ、少し出かけるかな」と思ったら、また降ってきたり。
こんな不安定な日は、自転車でも磨いていよう。
c0110096_15312436.jpg

[PR]

# by hochamt | 2011-04-19 15:33 | brompton | Comments(0)
2011年 04月 06日
ゴッホ展 ~こうして私はゴッホになった~
開催期間は2月22日~4月10日まで。
行きたいと思いながらもなかなか行けず、期間ギリギリで足を運んだ。
没後120年の節目に開催された展覧会は、ドラクロワやゴーギャン、ミレー、ロートレックなど、彼に影響を与えた画家たちの作品群も交え、いかにしてゴッホが画家ゴッホと成りえたかを時系列で辿る趣向のものだ。
ゴッホについては、"アルルの跳ね橋"、"夜のカフェテラス"、点描で描かれた自画像や、たくさんの"ひまわり"、それから、オルセー美術館展で見た"ローヌ川の星月夜"は印象的だったなあ。あとはアルルの黄色い家での耳切り事件とか・・・ぐらいのイメージだったが、あらためて彼の生涯を俯瞰してみると、画家を志した動機や決して平坦ではない苦悩の日々、果ては短い生涯の理由などが、前より少しだけ見えたような気がした。
百聞は一見にしかず。書籍や写真で知識を蓄えるより実際に直接見てしまった方が手っ取り早いし、より近しく感じられるのは確かだろう。

今回は初期から晩年にかけての作品がそれなりにバランスよく展示されていたが、中でも一番気に入ったのは"サン=レミの療養院の庭"。
月並みと言えばそれまでだが、やはり晩年の点描で描かれた作品こそがゴッホの集大成に思えるのだった。
c0110096_2323352.jpg

[PR]

# by hochamt | 2011-04-06 23:02 | Aufbruch | Comments(0)